法人向けサービス

お問い合わせ

電話番号03-4503-5211(平日のみ9:00?18:00)
メールでのご相談はこちらから

法人向けVプリカギフトを謝礼に使うメリットと導入手順

法人向けVプリカギフトとは

 

法人向けVプリカギフトは、ライフカードが提供する法人(企業)向けの「Vプリカギフト」のことを言い、販売促進やインセンティブとして最適なギフト商材です。

 

法人向けVプリカギフトは、アンケート・来場・見積もり・アカウント登録・口コミ投稿などの協力に対する「謝礼」として活用することができます。

 

企業活動における「謝礼」とは?

 

何らかの行為に対しお礼として金銭を支払うものを「謝礼」と呼びますが、企業活動の中では下記のような「謝礼」の種類があります。

 

顧客、見込み顧客、ユーザーへの謝礼
  • アンケート回答、モニター協力の謝礼
  • 取材協力の謝礼
  • 口コミ投稿の謝礼
  • 動画投稿の謝礼
  • SNSアカウントフォローの謝礼
  • 商品体験レビュー投稿の謝礼
  • 会員登録の謝礼
  • 資料請求の謝礼
  • 来場の謝礼
  • 来店の謝礼
  • コンテスト参加の謝礼
  • イベント参加の謝礼
  • ボランティアの謝礼
  • 友達紹介の謝礼
専門家への謝礼
  • 原稿料
  • 講演料
  • 取材協力の謝礼
  • 監修料
社員への謝礼
  • 入社希望者紹介の謝礼
  • アルバイト希望者紹介の謝礼
  • 顧客紹介の謝礼
  • 取材協力の謝礼
  • 社内報原稿作成の謝礼
企業活動をしていると、様々な「謝礼」を支払う機会がありますが、「謝礼」の支払いでは、ギフト券・商品券が望ましいのです。

 

企業の支払う「謝礼」でギフト券・商品券が望ましい理由

 

専門家に支払い原稿料などであれば、「謝礼」と言っても、「報酬」の意味合いが強いため、請求書をもらって現金や振込で支払いをするケースがあります。

しかし、謝礼がほんの気持ち程度の少額の支払いの場合は、現金や振込で支払いをすると、領収書をもらわなければならないため、領収書が不要な「ギフト券・商品券」が望ましいのです。

 

ギフト券・商品券であれば

  • ギフト券・商品券を購入した証拠となる明細
  • ギフト券・商品券をどのような理由で、誰に、いくら渡したという明細

があれば、領収書をもらわなくても、税務調査で問題になることはほとんどないのです。

 

つまり、

  • 1件当たりの謝礼額が少額(数百円~数千円)
  • 不特定多数の方への謝礼
  • 領収書の作成をお願いできない方への謝礼

というケースでは「現金」よりも「ギフト券・商品券」の方が望ましいのです。

 

領収書を受け取れれば「現金」でも問題はありませんが、対象者に作業をしてもらう必要がありますし、オンラインだけでのお手伝いの謝礼など、対象者と会わないケースも出てくるため、「謝礼」には「ギフト券・商品券」の利用をおすすめします。

 

法人向けVプリカギフトを謝礼に使うメリット

 

メリットその1.最適な方法で配布することができる。

 

法人向けVプリカギフトは

  • カードタイプ
  • コードタイプ

を選択することができます。

 

カードタイプ

 

カードタイプであれば、来場者、来店者、イベント参加、モニター協力、取材協力、ボランティアなど、実際にお会いした時などに手渡しで「謝礼(Vプリカギフト)」を渡すことが可能です。

 

また、カードタイプでは、券面デザインをオリジナルデザインにすることができるため、多くの方が来場されるイベント等で、企業ロゴ、商品イメージ、採用しているタレントの画像でオリジナルデザインのVプリカギフトを配布すれば、より顧客のロイヤリティが高まるはずです。

コードタイプ

 

コードタイプは、受け取ったコード番号をVプリカMyページに入力すると、VプリカMyページ上のカード情報が表示され、そのカード情報でオンライン上のVisa加盟店で支払いができる仕組みとなっています。

 

コードタイプであれば、アンケート回答、口コミ投稿、動画投稿、SNSアカウントフォロー、商品体験レビュー投稿、会員登録、資料請求など、実際に会わない方にメール、SMS、SNS(twitter、Instagram、facebook)のDM(ダイレクトメール)、LINEなどの方法で「謝礼(Vプリカギフト)」を送付することが可能です。

 

コードタイプの場合は、郵送や郵送に係る人件費を圧縮できるため、配布コストを極力抑えて、謝礼を対象者に送付することができます。

 

配布方法が選べるため、最適な方法で「謝礼(Vプリカギフト)」の送付が可能です。

 

メリットその2.少額であっても、残高合算により使いたい金額のVプリカすることが可能

 

Vプリカギフトを受け取ったお客様は、お客様自身で残額を追加購入し、残高合算をすることで、使いたい金額のVプリカが作れます。

 

例えば、500円のVプリカを受け取ったお客様が、1,000円の商品を購入したい場合は、従前の500円券とは別に500円券を追加購入し、両券を合算することで1,000円券としてご利用できます。

 

メリットその3.法人向けVプリカギフトは、手数料無料

 

法人向けVプリカギフトは

  • 最低5万円から購入が可能
  • 手数料無料(額面 = 購入額)

ですので

 

対象者に渡す「謝礼」の金額と同額の支払いで、Vプリカギフトを購入できるのです。

 

しかも、最低5万円と少額から購入できるので、「謝礼」総額が少なくても、利用できるギフト券なのです。

 

法人向けVプリカギフトを「謝礼」として導入する手順

  1. 法人向けVプリカギフト窓口へお問い合わせ
  2. 弊社営業担当者から、ご状況に合わせたご提案
  3. ご発注
  4. 弊社より請求書発行
  5. 商品代金お振込み
  6. 弊社より納品

     

    コードタイプ(発注確定後、約1週間で納品)

     

    カードタイプ(発注確定後、約2週間で納品)

  7. お客様よりキャンペーン当選者への発送

 

法人Vプリカギフト記事一覧 法人Vプリカギフトの特徴 法人Vプリカギフトの活用方法 販促・ギフト券・プリペイドカードの知識